ゼロゲームやめが出来るまで

パチスロが好きなんですよ

理想のホール(妄想)

自分の理想とするホールが世の中にあるかと問われれば、お笑い好きなら無限大ホール、コンサート好きならNHKホール、思春期の男子ならばオナホールと答えるのが相場でしょうか。 …あらヤダ、お下品ですこと。失礼いたしました。冒頭から軽い下ネタでしたわ(…

時代の波に乗れ!VS『パチスロ Re:ゼロから始める異世界生活』

都内、某ホールにて ここに1人の迷えるサラリーマンスロッターがいた…… 熊井シシャモ「なっ…!! 弥生ちゃんが……撤去されている?」

先人の意見には耳を傾けるべき

先人の意見には耳を傾けるべき こんな言葉がありますが、一体だれが言い出した言葉なのでしょうか。いやぁ、良くできている格言ですね。素晴らしい。 私、この言葉には概ね賛成なのです。 何が素晴らしいかって、「傾けるべき」ってところが素敵。これが「先…

思い出の台(パチンコ編)

私がパチスロを打ち始めたきっかけを作ったのは、間違いなく実の兄でした。彼にパチンコに連れていかれたのが事の始まりであると記憶している。 しかし、初めからパチスロを打っていたわけではなくて、入りはパチンコでした。 今ではあまり触らなくなってし…

スランプ脱出軍記(VSアレックス)

都内某所…… 雨の降りしきる中、「熊井シシャモ」とその友人「エス君」は立ち尽くす。

パチスロ一級建築士

私が普段お邪魔させていただいているブログにおきまして『ここ最近調子が悪い』と書かれているのを複数目撃しております。 「あ、俺だけじゃないんだ!よかった~!!」とやや安心している自分がいるのですが、そんな私をお許しください。傷は舐めあう為にあ…

スランプ(強)

ここ最近、「驚異的なまでのスランプ」に悩まされております。パチスロを打っている人であれば、きっと恐怖におののく時期であることは理解していただけるはず。 一応サラリーマンということもあり、平日は否応なしに働いております。幸か不幸か未だに独り身…

悪女(VS『アナザーハナビ弥生ちゃん』)

「やれやれ…悪い女につかまったな……」 私はやや自嘲気味につぶやき、天を仰いだ。絶妙な心地よさに酔っているとも捉えられる自らの状況を振り返り、無意識に笑みがこぼれる。考えるともなく考えるのは、微笑ましいくらいに懐かしい「一人の女性を愛する」こ…

パチスロ打ち、合コンに行く。

つい先日、私友人に誘われて飲みにいってきました。 何のことはありません。飲みに誘われただけですからね。ちょっとオシャレなジャケット的なものを着てみたりしましたが、何のことはない。普段なら帽子をかぶるのであまり使わない整髪料をつけてみたりしま…

「アナザーハナビ弥生ちゃん」が面白い

6号機と言えば、今世間はリゼロこと「Re:ゼロから始める異世界生活」に夢中。これは疑う余地もありません。 つい先日、遅ればせながら私も初打ちをしてきました。確かに、この台が高稼働を維持しているのには納得というか、「なるほど!」と思うばかりでし…

卒業

最近、街中でやけに振袖姿の着飾った女性を見かけるなぁ、なんてぼんやり思っておりましたら、それもそのはず。卒業シーズンなんですね。 「もしや私が知らない間に、カブキロックスが空前の再ブレイクを決めたのか? こうなったらスナックで『O・EDO』…

全台系を狙った私(VS『G1優駿倶楽部』)

私はこの日、全台系の狙える某ネット媒体系の取材が入っていた店舗へと足を運んでいた。狙っていたのは4台構成の『化物語』『サクラ大戦』『北斗修羅』の3機種である。 狙い台があるときの抽選とは気合が入りますよね。私調べだといつもの7倍くらい気合が…

これは高設定なのか?VS『HEY!鏡』

朝イチのツモ。これは世のスロッターが願ってやまない幸運であることは間違いない。 勝敗云々は一度部屋の隅にでも置かせてください(置くなよ)。勝っても負けても、とりあえず朝イチに高設定の台に座ろうものなら、歓喜の嵐がパチスロ打ちの心を激しく高ぶら…

ゴールドラッシュ作戦

朝イチからパチスロを打つとして、皆さんはどんな風に立ち回ってるのでしょうか。私はもっぱら「高設定であってほしい好きな機種から打ち始める」というパターンだ。 お店やその日の状況によっても大きく変わってくるとは思いますが、私は設定狙い5割、趣味…

夢を叶えた私(パチスロ ロードオブヴァーミリオン Re:)

突然ですが、皆様には『夢』はありますか? ちなみに、この『夢』というのは、睡眠時に見ることのできる空想のことではない。未来に対する展望や期待といったようなものの方です。 基本的に夢とは、実現可能か不可能か、その瀬戸際に位置しているものである…

名言コレクション『勝ちたいならダンガンロンパを打ってこい』

『勝ちたいならダンガンロンパを打ってこい』 私にはパチスロにおける様々なことを教えてくれた師匠的存在である「H師匠」という男がいます。彼に言われたセリフである。 あ、ちなみに皆さんはダンガンロンパ打ったことありますか? 無い人の方が多いので…

6号機『パチスロ蒼天の拳~朋友~』初打ち所感

はぁ、はぁ……。年度末とは毎年仕事が忙しいですねぇ……。平日は仕事以外に何かをする気すらおきません。 行き返りの電車でウトウトするのが日課。家に帰ってきたら酒を飲んで寝る。そんな日常です。 しかし、幸運にもどうにか休みは確保できている。勿論、仕…

VS『パチスロ 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル』(トラウマ脱出戦記)

『聖闘士星矢 海王覚醒』 5・5号機屈指の爆発力をと波の粗さを引っ提げてホールに登場。厳しい規制が敷き詰められる中、一撃の夢をしっかりと残したそのスペックから多くのユーザーを魅了したことはまだ記憶に新しいですね。 また、リセット時の恩恵やハイ…

6号機「ロードオブヴァーミリオン Re:」初打ち所感

『ロードオブヴァーミリオンRe:』。 新しめの6号機で、純増がおよそ5.7枚。えーっと、私の愛する『HEY!鏡』が確か純増5枚だから、それ以上の出玉スピードってことになる。純増5.7枚…ゴクリ……。ワクワクする。いったいどんな世界なのだろうか。…

年間収支

今からおよそ2年前。 2017年1月……。 ……… …… …

今年お世話になったパチスロ

今年が終わります。毎年毎年、懲りずに思うことなのですが、本当にあっという間でしたね。 振り返ってみれば、今年も良い年でした。コレと言った大きな変化は無かったものの、仕事もそれなりに忙しく、プライベートもそれなりに楽しめた。それだけでも充分で…

スロリーマンがマルチに勧誘?された話

同じ会社に勤め、共に仕事と言う名の人生の苦悩を味わってきた仲間がその職場に別れを告げようとする瞬間というのは、どうも悲しい物があります。しかしそれはそれで仕方がないこと。 仕方がないので、そんな時は憂歌団よろしく『胸が痛い』と叫びそうになる…

VS『戦コレ![泰平女君]徳川家康』その②

周囲の挙動が超良好の『戦コレ![泰平女君]徳川家康』を打つ熊井。全台系の設定配分に期待が持てる中、初当たり後に3回連続で1周期目の初当たりを引き当てる。期待感は驚異的なほど増していた。 「高設定か……」 私はにやけ顔でため息をつく。 「ったく、し…

VS『戦コレ![泰平女君]徳川家康』その①

6号機。 皆さん打ってますか? 私はまぁまぁ打ってます。 最初の6号機として登場した『HEY!鏡』。この台を打って、私は思わずダラダラとよだれを垂らしそうになった。純増5枚という未知の領域に足を踏み入れたというのも理由のひとつではあるが、「単…

ノーマルタイプが面白い。

最近はアレックスが面白くてよく打っております。 左リール中下段くらいに赤七を狙って、不意にブドウの大Vが停止した時なんかは、思わずニヤニヤしてしまう。ああ、そしてリーチ目にとどまらず、あの筐体の格好良さよ。黄金のシルエットが本当に美しい。ブ…

VS『パチスロ黒神 The Animation』その②

朝の抽選でしっかりとほぼシンガリからのスタートを切った熊井。人の多さに圧倒され、焦りに焦った結果何の根拠もなく『パチスロ 黒神 The Animation』を確保した私は、打ち始めて2時間ほどで負けを覚悟させられる。 黒神に対して苦手意識しか持っていなか…

VS『パチスロ黒神 The Animation』その①

『おしおし、ようやく入店か……。もうメインは無理。となると、バラエティか。よし、しょうがない。バラエティか小数台設置コーナーだ。うわ、人がヤベェ。いや、でもまだ空き台があるな。えっと、台番号末尾7が空いてれば無条件でそこなんだけど、やっぱり…

忘れ物をする私(inパチンコ屋)

1位『歯医者』2位『お化け屋敷』3位『秘宝伝rev』 上記のものは、私の怖い物ランキングである。ああ、この字面だけでおっかない。 熊井開催『世の中の(熊井が)怖いモノ選手権』のトップランカーを見ていただければわかると思いますが、私は結構な臆病者…

VS『HEY!鏡』その②

これといった理由もなく、ふらっと入った店で偶然空いていた『HEY!鏡』に腰を落ち着けた熊井。知識がほとんど無い状態での初打ちにワクワクドキドキ、君に胸キュン(イエロー・マジック・オーケストラ)状態だった私に訪れた、まさかの奇跡。『完走』の二…

VS『HEY!鏡』その①

「うーむ、打ちたい台がないなぁ……」 自転車にまたがり、自宅近くのC店へと向かいながら私はこんなことを思っていた。打ちたい台が無いというのならば、打たなければいいだけの話だ。なぜ打ちに行くのか。しかし、そんな冷静さはとうの昔にどこか遠くへと郵…