ゼロゲームやめが出来るまで

パチスロが好きなんですよ

パチスロ雑記

理想のホール(妄想)

自分の理想とするホールが世の中にあるかと問われれば、お笑い好きなら無限大ホール、コンサート好きならNHKホール、思春期の男子ならばオナホールと答えるのが相場でしょうか。 …あらヤダ、お下品ですこと。失礼いたしました。冒頭から軽い下ネタでしたわ(…

先人の意見には耳を傾けるべき

先人の意見には耳を傾けるべき こんな言葉がありますが、一体だれが言い出した言葉なのでしょうか。いやぁ、良くできている格言ですね。素晴らしい。 私、この言葉には概ね賛成なのです。 何が素晴らしいかって、「傾けるべき」ってところが素敵。これが「先…

パチスロ一級建築士

私が普段お邪魔させていただいているブログにおきまして『ここ最近調子が悪い』と書かれているのを複数目撃しております。 「あ、俺だけじゃないんだ!よかった~!!」とやや安心している自分がいるのですが、そんな私をお許しください。傷は舐めあう為にあ…

スランプ(強)

ここ最近、「驚異的なまでのスランプ」に悩まされております。パチスロを打っている人であれば、きっと恐怖におののく時期であることは理解していただけるはず。 一応サラリーマンということもあり、平日は否応なしに働いております。幸か不幸か未だに独り身…

「アナザーハナビ弥生ちゃん」が面白い

6号機と言えば、今世間はリゼロこと「Re:ゼロから始める異世界生活」に夢中。これは疑う余地もありません。 つい先日、遅ればせながら私も初打ちをしてきました。確かに、この台が高稼働を維持しているのには納得というか、「なるほど!」と思うばかりでし…

卒業

最近、街中でやけに振袖姿の着飾った女性を見かけるなぁ、なんてぼんやり思っておりましたら、それもそのはず。卒業シーズンなんですね。 「もしや私が知らない間に、カブキロックスが空前の再ブレイクを決めたのか? こうなったらスナックで『O・EDO』…

ゴールドラッシュ作戦

朝イチからパチスロを打つとして、皆さんはどんな風に立ち回ってるのでしょうか。私はもっぱら「高設定であってほしい好きな機種から打ち始める」というパターンだ。 お店やその日の状況によっても大きく変わってくるとは思いますが、私は設定狙い5割、趣味…

夢を叶えた私(パチスロ ロードオブヴァーミリオン Re:)

突然ですが、皆様には『夢』はありますか? ちなみに、この『夢』というのは、睡眠時に見ることのできる空想のことではない。未来に対する展望や期待といったようなものの方です。 基本的に夢とは、実現可能か不可能か、その瀬戸際に位置しているものである…

年間収支

今からおよそ2年前。 2017年1月……。 ……… …… …

今年お世話になったパチスロ

今年が終わります。毎年毎年、懲りずに思うことなのですが、本当にあっという間でしたね。 振り返ってみれば、今年も良い年でした。コレと言った大きな変化は無かったものの、仕事もそれなりに忙しく、プライベートもそれなりに楽しめた。それだけでも充分で…

スロリーマンがマルチに勧誘?された話

同じ会社に勤め、共に仕事と言う名の人生の苦悩を味わってきた仲間がその職場に別れを告げようとする瞬間というのは、どうも悲しい物があります。しかしそれはそれで仕方がないこと。 仕方がないので、そんな時は憂歌団よろしく『胸が痛い』と叫びそうになる…

ノーマルタイプが面白い。

最近はアレックスが面白くてよく打っております。 左リール中下段くらいに赤七を狙って、不意にブドウの大Vが停止した時なんかは、思わずニヤニヤしてしまう。ああ、そしてリーチ目にとどまらず、あの筐体の格好良さよ。黄金のシルエットが本当に美しい。ブ…

忘れ物をする私(inパチンコ屋)

1位『歯医者』2位『お化け屋敷』3位『秘宝伝rev』 上記のものは、私の怖い物ランキングである。ああ、この字面だけでおっかない。 熊井開催『世の中の(熊井が)怖いモノ選手権』のトップランカーを見ていただければわかると思いますが、私は結構な臆病者…

軍団に挟まれた私

何の気もなく、ただ偶然に、結果として軍団に挟まれるような形になってパチスロを打ったことがある。私が友人のエス君と共に、ちょっと郊外へパチスロ遠征に行った時の話だ。 車を走らせること1時間強。車内ではエス君がスマホとにらめっこしながら、ネット…

パチスロに登場するヒロインは魅力的

パチスロには魅力的なヒロインが登場する台が沢山ある。 各々が魅力を兼ね備え、それぞれにしかない味を出している。 その上、そのパチスロのゲーム性や演出にもしっかりと存在感を出し、程よいスパイスを加えている。ああ、パチスロにヒロインは、最早あっ…

余り玉に悩まされる日々

「余り20枚でぇす」 カウンターで放たれるこの一言に、私は何度悩まされたことだろうか。 特殊景品と交換できないメダルの端数を、余り玉としてちょっとしたものと交換してくれるわけだが、20枚という絶妙な余り玉はいつも私を悩ませる。 22枚あれば、…

VS『ルパン三世 世界解剖』その②

現状のパチスロ事情に一石投じる可能性を秘めた機種『ルパン三世 世界解剖』を打つ熊井。同色ボーナスで衝撃のオールリプレイを引いてしまう。 心折れがちの私ですが、この事態にはさすがに「どっひゃー!!」と声をあげながらバンザイせざるを得ません。勿…

5・9号機

5・9号機が終わる。あっという間でしたね。 5・9号機といえば、一撃3000枚以上の出玉獲得が困難になってしまった有利区間という名の出玉規制に始まり、ARTの当選率に設定差をつけられない、有利区間の表示を義務づけるなど、様々な規制が敷かれて…

実機が欲しいと思ったことがある

パチスロの実機が欲しいと思ったことが何度かあります。 自分の部屋にパチスロの実機があったらどんなに素敵だろうか。きっと打つのは買ってからほんの数週間くらいだと思う。飽きちゃうから。けれども、いつでもパチスロの筐体と時を共に過ごすことができる…

強ガセ

スロッターにとって『強』という一文字がどれだけ重要なものなのか、パチスロを打たない人にはなかなか理解できないことでしょう。スロッターは皆『強』という言葉が好きだと思います。とても大切にしているのです。 『強チェリー』『強スイカ』『強チャンス…

番長3の呪い

私は番長3という機種に呪われている。 ひょんなことから番長3で万枚を達成してしまい、それ以降私はパチンコ屋に入れば番長を触らずにいられないのです。とても困っている。